当グループの取り組み

- SDGs -

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

株式会社アフェクトホールディングスは、
SDGs(持続可能な開発目標)に取り組んでいます。
※SDGs(持続可能な開発目標)とは、誰一人取り残さない世界を目指した、2030年までに達成すべき「17の目標」と「169のターゲット」のことです。

すべての人に健康と福祉を
ジムトレーナーによる体操指導
LUXURY SPACE Actのトレーナーが施設で体操を指導している写真

当グループのパーソナルジム「LUXURY SPACE Act」のトレーナーが、月に1度介護施設を訪れて、入居者様へ体操指導を行っています。 定期的に体を動かす機会を作ることで、心と身体の健康促進に繋がっています。 (現在はコロナ禍のため訪問はせず、レクチャー用のDVDで取り組みを継続しています)

すべての人に健康と福祉を 質の高い教育をみんなに
介護施設での支援学校生の実習受け入れ
支援学校の生徒が施設で実習している写真

当グループの介護施設「クルール一宮」にて、2019年まで5年ほど支援学校の生徒の方を1年を通して3ヶ月交代で実習生として受け入れました。 実習では、早期から実際の職場での作業を行うことにより、就労に向けての課題を明らかにし、職業自立に必要な知識・技能・態度の向上を目指しました。 (現在はコロナ禍のため実施を見合わせております)

初任者研修資格取得の支援
初任者研修を受けている生徒方の写真

介護に関する経験が未経験の方であっても、講習を行うことで資格取得を支援し、やりがいとキャリアアップに繋げています。 実際に昨年、7月~9月に11名の社員が受講し、11名全員が取得しました。

エネルギーをみんなに そしてクリーンに
節電の取り組み

トイレなどに人感センサー型ライトを使用することで、無駄な電力を削減しています。 また、会議室のエアコンや給湯室の明かりを使用時以外は消すことや、エアコンを適正温度に設定することで、社員全員で節電を心掛けています。

ごみの分別

ごみ箱を可燃と不燃に分けて設置することで、日々分別の意識を持つよう心掛けています。 また、段ボールなども分別しておくことで、リサイクルを推進しています。

働きがいも経済成長も
産休、育休制度の取得

産休後、育休後に戻って来やすい環境作りを心掛け、制度の活用を推奨しています。 昨年度からは2名が取得し、今年度復帰しました。

つくる責任つかう責任
マイタンブラー持参の推奨

休憩時などに使用するドリンク用カップの廃棄量削減のため、積極的なマイタンブラーの使用を推奨しています。

ペーパーレス化の推進

2019年8月から導入した経営支援のソフトにより、用紙の削減に努めました。 その結果として、1ヶ月あたり40,000枚から2000枚へと95%の削減に成功しました。
また、社内でのやり取りを電子化したことで、社員同士の報告や情報発信の際に必要となる用紙の使用量削減にも繋がっています。

貧困をなくそう 飢餓をゼロに 働きがいも経済成長も 人や国の不平等をなくそう つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を 平和と公正をすべての人に
フェアトレードコーヒー豆の導入

フェアトレードは、開発途上国で暮らす人々の生活や労働状況を改善し、人々が自立することで貧困から脱却することを目指しています。 そのため、日常的に使用するコーヒーサーバーのコーヒー豆をフェアトレードのものへと変更したことで、普段の行動が自然と環境投資に繋がっています。

- あいち女性輝きカンパニー -

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

株式会社アフェクトホールディングスは、あいち女性輝きカンパニーとして認証されました。
※あいち女性輝きカンパニーは女性活躍促進に向け、トップの意識表明や採用拡大、職域拡大、育成、管理職登用のほか、ワーク・ライフ・バランスの推進や働きながら育児・介護ができる環境づくりなどの取組を行っている企業を愛知県が認証する制度のことです。

- 健康経営優良法人 -

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

株式会社アフェクトホールディングスは、健康経営優良法人に認定されました。
※健康経営優良法人とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度のことです。

- トモニン -

SUSTAINABLE DEVELOPMENT GOALS

株式会社アフェクトホールディングスは、トモニンを取得いたしました。
※トモニンとは、仕事と介護を両立できる職場環境」の整備促進のためのシンボルマークの愛称のことです。